ワールド・プロジェクト・ジャパン  〜 合奏音楽のための国際教育プロダクション 〜


衝撃のライジングスター

  • Check

Mike Rocha Promo Photo.jpg

マイク・ロチャ Mike Rocha
トランペット、作曲者、教育者

マイク・ロチャは1992年に演奏を始めた。9歳で初めてトランペットを手にしてから、ロチャはロサンゼルスのさまざまな分野で活躍するプロミュージシャンとして成功するまでユニークな道を歩んできた。

ハイスクール時代、ロチャはカリフォルニア全州名誉バンドとジャズバンドで演奏し、コンテストで優勝。サクラメント・ユースシンフォニーの主席トランペット奏者としてブラジルをツアーした。またモンタレー・ネクストジェネレーション・バンドのリードトランペットとして日本ツアーも行なっている。

日本ツアーの後、ネクストジェネレーションバンドは、アメリカのモンタレー・ジャズフェスティバルで再会し、Wynton Marsalis、Victor Goings、Vincent Gardnerら偉大なジャズメンと共演した。

ロチャは有名なバークリー音楽大学へ進学し、トランペット演奏の特待生として卒業。バークリー在学中、ロチャはDave Douglas、Marcus Miller、Terence Blanchard、Greg Hopkins、Tiger Okoshiら偉大なアーティストたちと共演を重ねた。

バークリー卒業後、2008年にロチャはグレン・ミラー・オーケストラのメンバーとしてツアー。全米48州、カナダ、日本など、1年間で300公演を行なった。

ツアーの後、ロチャはBrian Kendrick(ds)、Aaron Garner(p)らとともにサン・ジョアキン・デルタ大学で音楽演奏の指導にあたった。この時期ロチャは、世界最高のミュージシャンたちの中に飛び込もうと、ロサンゼルスへの移住を計画していた。
David Roitstein、John Fumo、Ed Carrol、Larry Koonse、Joe Labarbara、Darek Oles、Paul Novrosらに師事し、ロチャはトランペット演奏と作曲の修士号をカリフォルニア芸術大学で取得。こうして彼の音楽におけるフリーランスキャリアが始まった。

卒業してからロチャはメジャーな映画や、Gwen Stefani、Bob Dylanらによるプラチナ・ディスクのレコーディングにも参加。また、Gordon Goodwin、Lorde、John Daversa、Miguel Atwood-Ferguson、Geoff Stradling、Alan Chan、Vardan Ovsepian、ディズニーランド、そして彼自身のオリジナルグループ the Lappitt-Rocha Sextetなど、ロサンゼルスのいたるところで彼の演奏を聴くことができる。

【楽器情報】
Horns:
Yamaha YTR-8310Z (B-flat trumpet)
Yamaha 8315G (Flugelhorn)
Yamaha YTR-9335VS (C Trumpet)
Yamaha YCR-6330S (Cornet)
Yamaha YTR-9835 (Piccolo)

Mouthpieces:
Vincent Bach 1&1/2C
Vincent Bach 5C
Warburton 7MD top, 7* backbore (Trumpet & Cornet)
Yamaha Eric Miyashiro sizes 1 & 2
Yamaha 11A4 (Piccolo)
Laskey 65F (Flugelhorn)

IMG_1423mr.jpg
IMG_1424mr.jpg
IMG_1425mr.jpg
IMG_1426mr.jpg
IMG_1427mr.jpg
IMG_1428mr.jpg
IMG_2773mr.jpg

投稿者 kurosaka : 2018年1月25日