ワールド・プロジェクト・ジャパン  〜 合奏音楽のための国際教育プロダクション 〜


エリック・マリエンサル

  • Check

eric_kokikawa.jpegのサムネール画像







Eric Marienthal 
エリック・マリエンサル(サキソフォン)

1976年に南カリフォルニアの高校卒業後、ボストンのバークリー音楽大学へ進学。そこで伝説的なサックス指導者の Joe Viola 教授に師事。卒業までに最高位の成績を獲得。1995年には現代音楽の傑出した活動により、バークリー卒業生優秀賞を獲得。65を超える国で演奏し、14枚のソロ・アルバムを発表。無数のCD、映画、TVショー、商業ジングルなどを録音してきた。ニューオーリーンズの著名なトランペット巣者 Al Hurt の楽団で、エリックは1980年にプロ生活をスタートした。ロサンゼルスに戻ってから、Chick Corea Elektric Band のメンバーとなる。このバンドで6枚のアルバムに参加、うち2枚はグラミー賞を獲得している。Elton John、Barbara Streisand、Billy Joel、Stevie Wonder、Dionne Warwick、Burt Bacharach、Aaron Neville、Johnny Mathis、Dave Grusin、Lee Ritenour、David Benoit、The Rippingtons、Patti Austin、Lou Rawls、David Lee Roth、The Yellowjackets、B.B. King、Ramsey Louis、Patti Labelle、Olivia Newton-John ほか、多数の有名アーティストと共演している。アルバム「Got You Covered」に収録された6曲は全米現代ジャズラジオチャートのトップ10にランクイン、うち2曲は1位を獲得した。アルバム「Oasis」はビルボード現代ジャズチャートでトップ5入りした。そしてエリックは Jazziz Magazine の読者人気投票で、もっとも好きなアルトサックスプレイヤーの一人に選出された。さまざまなバンドで活躍するエリックだが、なかでも Gordon Goodwin Big Phat Band は彼のお気に入りである。ここではリードアルトプレイヤーとして演奏を楽しんでいる。「一緒に演奏したり旅をしたりしてこんなに楽しいバンドはほかにないよ。観客は私たちの演奏する曲のほとんどを知っているし、演奏中に大喜びしてくれるしね」。2015年アルバム「Bridges」を発表。2016年Chick Corea Elektric Bandのメンバーとしても活動を再開。


ebridge.jpg

Eric Minerized1.jpg

Eric's Picture2.jpg

newheat.3jpg.jpg

340x4.jpg

AYL-003195400855.jpg

IMG_67066.jpeg

投稿者 kurosaka : 2018年12月20日