ワールド・プロジェクト・ジャパン  〜 合奏音楽のための国際教育プロダクション 〜


シドニー2000オリンピックバンド

  • Check

シドニー・オリンピック開会式で選手団入場行進を
演奏した2000人巨大国際選抜バンドのレポート。
写真提供:プレスジェイ株式会社
  
【動画】
The Sydney 2000 Olympic Band
Olympic Band別バージョン
Marching Band Spectacular at Sydney Opera House

写真

<シドニー・オリンピック開会式>
9月15日、夜。世界各国で30数億人がテレビを見守る中、
2000人の巨大国際楽団「シドニー2000オリンピックバン
ド(以下S2OBと略す)」がマーチング演奏を始めた。

「ツァラトゥストラかく語りき」、「炎のランナー」、
「歓喜の歌」、「ビューグラーズ・ドリーム」、「ワル
ツィング・マチルダ」のメロディーに乗せて、2000人と
いう大きなマーチングバンドが、フィールドを優雅に行
進する。

千年に一度のミレニアム・オリンピック開会式、会場と
なったスタジアム・オーストラリアは、11万人を越える
観衆の熱気で異様な興奮に包まれた。

写真

<リック・バーチとワールド・プロジェクト>
西暦2000年のオリンピック開会式において、国際選抜メ
ンバーによる特大バンドの演奏を行うという構想は、リ
ック・バーチ(Ric Birch)、ビル・ラット(Bill Lutt)
という2人の人物の発案によって、1995年に生まれた。

今回の開会式を演出したリック・バーチは、ロス五輪、
バルセロナ五輪の開会式も担当したベテランプロデュー
サー。ビル・ラットは、ワールド・プロジェクト・コー
ポレーション社長で、音楽を通じた国際交流イベントを
数多く手掛けてきた。リックとビルが2人3脚で生み育て
てきたアイデア、それがS2OBである。

写真

<幾多の試練>
オリンピックという壮大なプロジェクトとかかわれば、
さまざまな困難に直面せざるを得ない。最大の危機は昨
年6月の「S2OBキャンセル騒動」だった。リック・バー
チの記者会見でのちょっとした失言がもとで、シドニー・
オリンピック組織委員会(SOCOG)が、「国際選抜バン
ド」という企画そのものをキャンセルしたのだ。

ワールド・プロジェクトは、この争いを法廷に持ち込み、
結果的には、S2OB計画は生き残った。しかし、「オリン
ピックには魔物が住む」という言葉を実感させられる、
長く苦しい戦いであった。

写真

<関西学生吹奏楽連盟>
世界各国から2000名のメンバーを集めてバンドを結成す
るにあたり、日本からもメンバーを募集した。当初は高
校の吹奏楽団を想定していたが、日程がネックとなった。

9月15日の開会式が本番であるため、それに先立つ2週間
を、現地で合宿練習にあてなければならない。しかし、
日本の高校で、夏休み終了直後の2週間に休暇を取るこ
とは、生徒も教員もきわめて困難である。

そこで、関西吹奏楽連盟の松平正守理事長にご尽力いた
だき、「関西学生吹奏楽連盟(以下学吹連と略す)」と
いう大学生楽団の組織でメンバーを募集する運びとなっ
た。約200名の学生が名乗りを上げ、「S2OB日本代表団」
としての活動を開始した。

学吹連のみならず、関西吹奏楽界をあげて当プロジェク
トにはご支援をいただき、特に淀川工業高校の丸谷明夫
氏には、音楽的な面で大きなサポートを頂戴した。

学吹連は寺田武男理事長の号令の下、関西20大学から募
集した約200名の学生メンバーを指揮統率していた。しか
し、選抜バンドの運営もまた、多くの障害と直面した。

参加した学生の多くは、自校の吹奏楽団にも所属してい
る。そのため、S2OBの練習と自楽団の練習とのスケジュ
ール調整をしなければならない。また、講義や就職活動
などとのからみもあって、学吹連としては、練習日程を
組むだけでも一苦労だったのだ。

写真

<指揮者とパーカッション指導者の来日>
S2OBのメインコンダクターは、ニューヨーク大学で教鞭
を取るバリー・スパニアー(Barry Spanier)。マーチン
グの心臓部ともいえるドラムラインを指導するのは、ブ
ルーデビルズのデイブ・グライド(Dave Glyde)である。

両氏を招いた日本での第1回目の練習が、2000年2月に
大阪で行われた。バリー、デイブの両氏は、ブリスベン、
シドニー、ロサンゼルス、アトランタ、大阪など世界各
地の代表団を回って、練習を指導した。

2月に引き続き、6月にも両氏は各地を一周して、それぞ
れの代表団を指導した。

写真

<いざバンドタウンへ>
9月2日夜、S2OB日本代表団一行200名は、関西空港を飛
び発ちシドニーへ向かった。

オリンピックのメインスタジアムは、シドニーの中心街
から車で西へ40分ほど行った「オリンピック・パーク」
の中にある。アスリートたちの選手村もここにある。

我々S2OBが合宿をする「楽団村(=バンドタウン)」は、
オリンピック・パークからさらに西へ3時間離れたバサー
スト(Bathurst)という街に設けられた。メンバー、ス
タッフ合わせて2000数百人がミュージック・キャンプを
はれる場所は、バサーストをおいてほかになかったのだ。

オーストラリアのメンバーは8月30日、日米をはじめと
する国際メンバーは9月5日からバサースト入りし、合
宿練習を開始した。

これまで、各国で別々に練習してきたメンバーが、はじ
めて「ひとつのバンド」として顔を合わせた。

写真

<寒さとの戦い>
日本列島が記録的な猛暑にうだっている時、南半球の内
陸都市バサーストでは、ようやく冬の寒さが緩み始めた
ばかりだった。S2OBメンバーの多くは北半球から参加し
ているため、「夏から冬へ」という気候の変化に戸惑い、
体調をくずす者が続出した。

マーチングの練習は、ほとんどが野外で行われる。午後
の練習はまだしも、午前中や夜間の練習では、シンシン
と寒さが襲ってくる。風邪、過労、ケガなどで倒れるメ
ンバーは次々と医務室へ運び込まれ、手当てを受ける。
音楽の合宿というよりは、軍事演習に近い光景だった。


<スタジアムでのリハーサル>
9月9日、11日、13日の3日間は、オリンピック・スタジ
アムを使ってのリハーサルだった。スーザフォン約90本、
トランペット約400本など大量の楽器をトレーラー4台に
積み込み、2000名のメンバーが50台のバスを連ねて、バ
サーストからスタジアムまで3時間の大移動。

S2OBの「控え室」として用意されたのは、メインスタジ
アムに隣接する野球場だった。先頭バスが球場に到着し
てから、最終バスのメンバーが球場に入り終わるまで、
軽く1時間以上かかってしまう。食事ひとつとっても、
全員に配るだけで30分以上を要する。あらためて2000人
という人数の大きさを実感させられる。

オリンピック・スタジアムの美しさ、壮大さには圧倒さ
れた。フィールドから四方の観客席を見上げると、実際
には行ったこともない古代オリンピアの競技場に立って
いるような錯覚にとらわれる。本番当日は、ここに11万
人の観衆が着席するのだ。

写真

<ビル・ラットの交通事故>
S2OBという巨大プロジェクトの責任者として陣頭指揮を
とっていたビル・ラット(ワールド・プロジェクト・コ
ーポレーション社長)は、過労のため車のハンドル操作
を誤り、横転事故を起こしてしまった。9月11日朝、バ
サーストからオリンピック・スタジアムへ向かう途中の
できごとであった。

ビル・ラットは右側の肋骨をすべて折る重傷で、すぐに
シドニーの病院へ運ばれて入院。地元の新聞やテレビで
は、「オリンピックバンドのチーフが重傷」と大きく報
じられた。開会式当日のテレビ中継においても、現地の
放送では「オリンピックバンドのプロデューサーである
ビル・ラット氏は、事故のため入院しています。このバ
ンドの演奏を、彼も病室で見ているはずです」というコ
メントが流された。


<オープニング・セレモニー>
9月15日。晴れ。これまでスタジアムで3回のリハーサル
を重ねてきたので、本番といっても、特に緊張はない。
今までと同じことを、同じ手順でやればよいというリラ
ックスした気分で、午前11時30分、バサーストからオリ
ンピック・スタジアムへの大移動が始まった。

いつものように野球場に着き、いつものようにウォーミ
ングアップをこなす。いつものようにユニフォームに着
替え、いつものように整列してスタジアムへ移動する。
すべてが「いつものように」淡々と進んでいく。

しかし、約8分間のマーチング、そして2時間におよぶ選
手団入場行進曲の演奏を終えて球場へ戻ってきたS2OBメ
ンバー2000人のようすは、「いつも」とまったく違って
いた。国籍を問わず、どのメンバーもみな極度の興奮状
態。感激のあまり、叫び出す者、涙を流す者。

11万という大観衆の喝采と世界のトップアスリートで埋
め尽くされたオリンピック・スタジアムは、リハーサル
とは完全に異なる空間と化していたのだった。


<ドリームズ・カム・トゥルー>
構想から5年。いくつもの困難を乗り越えてS2OBという
大プロジェクトが実現した陰には、オーストラリア、ア
メリカ、日本、そして世界20ヵ国の人々の献身的な協力
があった。これらの人々の善意と汗なくしては、このバ
ンドは存在し得なかった。この場をお借りして、心から
深い感謝の意を表し、成功の喜びを分かち合いたい。

9月17日の夜、14泊16日の行程を終えて、S2OB日本代表
団一行200名は、無事に関西空港へ帰国した。

ワールド・プロジェクト・ジャパン 黒坂洋介




付記:レポートへのお便り



2000.9.21
「シドニー2000オリンピックバンド」のレポートをお送
りしたところ、さっそくいろんな方々からお返事を頂戴
しました。ご質問もいくつかいただいていますので、お
応えいたします。


> <東京都 OYさんから>
> お疲れさま! 
> すばらしいイベントに立ち会えてよかった!
> また、連絡します。

ありがとうございます。
ヤワラちゃんの金メダル、おめでとう!


> <神奈川 TFさんから>
> オリンピック開会式を感動をもってみていました。それ
> に関わっていらっしゃったとは知りませんでした。放送
> を全部見たわけではありませんが、バンドに対する説明
> がなく、あれを世界中から集めて演奏したらどんなにす
> ばらしいだろうと思いながら見ていましたが、既にその
> ように運営されていたとは全く知りませんでした。

> ところで、見ながら感じたことですが、あんなに大勢が
> 広い場所で演奏するときにどうやって音を合わせるのか
> ということです。マーチングのときは、100m近く離
> れた人が合わせるわけですよね。オケのステージでさえ
> 奥に座っているトランペットが遅れるといわれることが
> よくあります。

メイン・コンダクターはバリー・スパニアーという人で
したが、ほかにアシスタント・コンダクターが6人いて、
会場を取り囲むように配置されていました。スタジアム
のフィールド内は残響がすごくて、2000名のメンバーは、
「何が何だかわからない音の渦」の中で演奏しています。
彼らはお互いの音を聞きあうことを厳しく禁じられてい
て、7人の指揮者の手だけを見て演奏しているのです。


> <神奈川県 RHさんから>
> どうも大変お疲れ様でした。
> 開会式、S2OBみました。良かったです。
> これを機会にますますWPが国際的なイベントを手がけ
> る機会が増えることでしょう。
> ラット氏の交通事故ですが、無事でなにより。
> 黒坂君も大変なお疲れのことでしょう。
> とにもかくにも、成功なによりでした。
>(もっと、現地でオリンピック競技を見られる時間があ
> れば良かったのでしょうけれどね)

実は、昨年6月の「キャンセル騒動」でSOCOGを提訴した
とき、損害賠償の一環として「メンバー全員に対して、
9月16日のゲームのチケットを提供すること」という条
項を付け加えておきました。ですから、S2OBのメンバー
は、全員、9月16日にオリンピック・パークでゲーム観
戦をしてきました。ちなみに配付されたチケットは、ホ
ッケー、バスケットボール、バドミントン、ハンドボー
ル、卓球、体操など。私はホッケーを見ました。面白か
ったですよ。


> <東京都 MHさんから>
> おかえりなさい。オリンピックバンドレポート読みまし
> た。感動しました!!
> ビルは大丈夫なのですか??
> オーストラリアで入院中なのですね。GET WELL!!

MHさんはビル・ラットと一緒にツアーしたことがおあり
なので、特にご心配いただきました。おかげさまで順調
に回復しております。ありがとうございます。


<関西吹奏楽連盟理事長 松平先生から>
たった今、松平先生からもお電話をいただきました。

 今、朝日新聞に来ているのだが、あのバンドがどういう
 経緯で実現したか、誰もわからないので、みんな知りた
 がっている。あなたのレポートが簡潔にまとめてあるの
 で、これを使って説明しているところだ。バンドジャー
 ナル(音楽之友社)の編集長にも、このレポートを核と
 した文章を送っておくので、S2OBの特集記事を組んでも
 らうつもり。

とのこと。いやはや、ありがたいお言葉です。

SOCOGと結んだ契約に、守秘義務という条項があったた
め、これまでは詳しい話が一切できませんでした。開会
式が終わってようやくS2OBの内容を明らかにできるよう
になりました。(黙っているのって、苦しいものですね)


2000.9.22
> <大阪のKTさんから>
> お帰りなさい。成功なさったみたいで嬉しいです。
> おめでとうございます。私も同じ音楽をするものとして
> 大変嬉しいです。

ありがとうございます。KTさんとは、前回のアトランタ
オリンピック公演で、一緒にアメリカへ行きました。


> <大阪のSKさんから>
> 長いプロジェクトが、やっとひとだんらくしましたね。
> お疲れ様でした。本当にいい経験になりました。
> 今日、やっと開会式のビデオを借りて見たのですが、
> NHKは見せ場の所をちゃんと映してくれてなくて
> とっても残念でした(笑)。たとえばニーダウンを
> 外側の列からしていくところとか、ドラムメジャーの
> ティムが最後にメジャーバトンを投げてちゃんと受け
> 取れたか、とか(笑)。 私がたまたま関西の大学に来
> て、吹奏楽を続けていて、そして2000年に大学生だった
> という幸運が、とても誇らしく思います。

SKさんは、S2OBの学生実行委員のリーダーとして活躍し
てくださいました。SKさんのおっしゃるように、テレビ
では一番の「見せ場」が写ってなくて、我々関係者とし
ては大変残念です。ま、それはそれとして、お疲れさま
でした。


> <神奈川のKKさんから>
> オリンピックマーチングバンド、本当にお疲れ様でした
> 14泊16日とはすごすぎます。構想から5年の歳月を
> かけて見事成功したなんて。私も参加したかったです。

ありがとうございます。次の機会には、ぜひ。


> <北海道のYSさんから>
> 大変楽しくそして興味をもって読ませていただき
> ました。ネットで公開したいぐらい..のめりこんで
> 読みました。ビルもたいしたものですね。
> 我々も自慢できますね。黒坂さんがオリンピックの音楽
> と言っていましたがあの演出とは驚きました。ビルが痩
> せて退院してほしいですね。長生きするためにも。

ありがたきお言葉、光栄です。ネットで公開していただ
くのも歓迎ですよ。ビルは、すでにかなり痩せています
し、健康状態も良好です。いろいろとお気遣いいただき、
ありがとうございます。

そうそう、たった今ビル・ラットから電話がありまして、
無事退院できたそうです。明日はソフトボール日本女子
を観戦するとか。(まだ体は痛むそうですが・・・)


> <徳島のKOさんから>
> ご無沙汰しております。御元気そうですね!
> さて、観ましたよ、開会式。感動しました。いいもの
> 観させていただきました。スタジアムはどれほど感動的
> だったろうと羨ましい限りです。

ありがとうございます。実は、NHKの映像では、あのバン
ドの「一番の見せ場」がカットされています。「歓喜の
歌」や、「ワルツィング・マチルダ」のラスト部分は、
とてもカッコイイ動きになっているのですが、テレビで
はまったく分かりません。「カッコイイ動き」は、会場
にいた人しか見ていないことでしょう。特に、スタジア
ム西側の観覧席(つまりサマランチが座っている側)か
ら見るとそれはそれは美しく、迫力があって、感動的な
のですが。

> 徳島からのメンバーもいたそうで、これまた嬉しいこと
> です。おつかれさまでした。

5人ほど徳島出身者がいて、そのうち2名は、本番終了直
後に、徳島新聞社からの電話インタビューに応えていま
した(ぼくの携帯電話を使ってたのであります)。


> <神奈川のKWさんから>
> お疲れ様でした!レポート拝見いたしましたし、開会式
> も見ました。ああ言ったイヴェントに携われるなんてう
> らやましい限りです。是非何か私にもやらせてください

KWさんはユーフォニウム奏者および指揮者の先生です。
次回はご一緒させていただけるとありがたいです。


> <神奈川のTNさんから>
> オリンピックの開会式で2000人のバンドがイチバン
> 良かった。なぜならいろいろな出し物があったけど、シ
> ンプルで荘重、若々しく、世界各国のメンバーの混成と
> いうのが逆に新鮮だった。今回の開会式で思ったこと。
> 余計なものは要らない。音楽だけで十分、あとは選手の
> パフォーマンスがあればそれでいい。いろんな物にお金
> をかけるのは無駄!仕掛けも不要!成功する確率も少な
> いし。スポーツの大会だから歴史とか社会問題は要らな
> い。むしろそんなものは忘れたい。

ま、たしかに「凝り過ぎ」ですね、ホント。私は、開会
式冒頭の「馬のパレード」もよかったと思います。


2000.9.25
> <福岡のSOさんから>
> 黒坂さん、おかえりなさい! 
> 見ましたよーー、開会式!! まあとんでもない数の
> ラッパ吹きを集めましたね! 懐かしいシドニーの風景
> が沢山でてきて、もう一度行きたくなりました。いろい
> ろ、進行のトラブルはあったようですが、まあなんせ
> AUSですからね、らしくっていいや!と女房と笑って
> おりました。いろいろ、ご苦労もあったでしょうね。
> 本当にお疲れ様でした!

SOさんとは、1992年に「シドニー・オペラハウス国際音
楽祭」でご一緒させていただいています。

今回のS2OBでは、これまでに一緒にツアーした方々との
再会がありました。たとえば、パーカッショントレーナ
ーとして同行された三崎大輔さんは、1991年に近畿大学
吹奏楽部のメンバーとしてシドニーへご一緒しました。
また、S2OBメンバーの幡井(per)さん、中村(ts)さん
の2名とは、1996年、橘女子高校のツアーで一緒にアト
ランタ・オリンピックのイベントへ行っています。

シドニーの街も、この数年でぐっと様変わりしましたの
で、SOさん、機会があればまたご一緒させてください。


> <東京のSKさんから>
> 大仕事、お疲れ様でした。大成功でなによりです。開会
> 式は、ワシもテレビで見ていたのだけど、とにかく長
> い。肝心のマーチングバンドの時は飯を食っていたので
> 申し訳ないことにきちんとは見てないのよ(テレビとダ
> イニングテーブルが別の部屋にある)。この大人数で、
> どうやって音を合わせるのだろう? てなことを考えな
> がら音だけを聞いてました(指揮者だけを頼りに演奏し
> てるわけね)。生で聞くとどんな風に聞こえるのかね。

フルート280本、クラリネット300本、サックス300本、ホ
ルン150本、トランペット400本、トロンボーン200本、ユ
ーフォニウム80本、スーザフォン90本、パーカッション
200人という編成のバンドを、生で、正面から聞くと、想
像を絶するサウンドがします。

「ツァラトゥストラ」の最初のテュッティで、まず全身
に鳥肌が立ちます。「こんな音、聞いたことないぞ」と
いう感じ。「歓喜の歌」のフィナーレで、フィールドい
っぱいに伸びたラインが、前から順々にニーダウンして
いくシーンなど、思わず立ち上がりたくなるほどの迫力
です(残念ながらこの部分はテレビではカットされまし
たが)。


> <兵庫のTYさんから>
> オリンピックバンドのお仕事、お疲れさまでした。

> さて、私もテレビで拝見しましたが、なかなか素晴らし
> いものでした。あれだけの人数が、フォーメーションを
> 作り、しかもズレずに演奏するということは、本当に素
> 晴らしいことだと思いました。
> 私も、これが10年前だったらシドニーに行ってたのか
> と思うと、今の学生さんがうらやましく思います。学生
> 時代はマーチングは好きではありませんでしたが、オリ
> ンピックの開会式なら喜んで参加してたと思います?
> あのようなビッグイベントに関わることができるという
> のは本当に素晴らしいことですね。私も何らかの形で関
> わってみたいものです。

TYさんとも、1991年に「シドニー・オペラハウス国際音
楽祭」でご一緒いたしました。最近も、ジャズの仕事で
何度かお世話になっています。今後ともよろしくお願い
いたします。


> <東京のKKさんから>
> 御無沙汰しています。SydneyのReportありがとうござい
> ました。私のバンドはolympicの混乱を避けて丁度1年前
> のManly Jazz Festivalに3度目の出演をして来てTVに写
> るSydneyの風景がついこの間のように思われる今日この
> 頃です。TrumpetのJames Morrisonとも話をして写真も
> 撮ってきました。確かにolympicで大きな仕事があると
> いうことはどこかで耳にしていましたが,開会式の中継
> を見て全身に鳥肌が立った時点ではWorld Projectとは
> 全く繋がっていませんでした。あの中に日本人の姿は確
> かに見えましたが200人もいたとは思いませんでした。
> 彼等は素晴らしい経験をしましたね。もう一つすっかり
> 忘れていたこと。Bill Lutt....大変でしたね。1日も早
> い回復をお祈りします。

KKさんとは、1992年にカリフォルニアの「モントレー・
ジャズ・フェスティバル」へご一緒させていただきまし
た。KKさんのバンドは、シドニーへも3回行っておられ、
国際的に活躍されています。ビルは退院し、ゆるゆると
仕事を再開しています。ご心配をおかけしました。


> <埼玉のHOさんから>
> シドニーオリンピック開会式ご成功おめでとうございま
> した!! 私はいつもながら部活で見ることができませ
> んでしたがクラスの皆も親も凄かった、っと言ってまし
> た。シンガポールで友達になった人も出ていたそうで
> す。いまだにまだシンガポールの友達とEmailを続けて
> います。今回の開会式はマーチングということで私も
> マーチングバンドとしてとても興味がありました。私も
> いつかやってみたいです。オリンピック開会式成功、本
> 当におめでとうございました!!!!

HOさんとは2000年の3月に、ハワイの「環太平洋音楽祭」
でご一緒しています。某有名高校吹奏楽部の現役奏者で
す。ご声援、ありがとうございます。


> <大阪のMNさんから>
> 本当にお疲れ様でした。15日が休みだったおかげでリア
> ルタイムで開会式を見ることが出来ました。すごかった
> ですね!2000人のマーチングバンド! たまたま実家に
> 帰っていて祖父と見ていたのですが、祖父はあまり誉め
> ない人なのですが、"ほー、すごいのー"と感激してお
> りました。万人の心に響いたあの演奏は今世紀最大の音
> 楽イベントと言えると思います。
> レポート読ませて頂いて、本当に大変な、想像を絶する
> ご苦労があったのだと確信致しました。ショーは一時で
> も、それまでの過程・準備は大変で、でも全く表には出
> ないんですよね。
> また、日本にバンドを呼ばれる際は何なりとおっしゃっ
> て下さい。

MNさんは旅行会社にお勤めで、1999年6月にカリフォルニ
アのユース・シンフォニー・オーケストラおよびジャズ・
アンサンブルが来日公演したおりに、たいへんお世話に
なりました。今後ともよろしくお願いいたします。


> <石川県のKTさんから>
> SYDでは、大活躍でしたね。
> ビルさんは、災難でした。お話によると、不幸中の
> 幸いに、良くなっているそうですね。
> でも、大変でした。お見舞い申し上げます。

KTさんは、七尾市和倉温泉で開催されている「モントレ
ー・ジャズ・フェスティバル・イン能登」の実行委員長
で、毎年お世話になっています。先にも申し上げました
通り、ビルはめでたく退院して仕事を開始いたしました。
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

ワールド・プロジェクト・ジャパン 黒坂洋介

投稿者 kurosaka : 2004年3月15日